空飛ぶびーなす

小さい頃から本やテレビで見た景色・建物を自分の目で見てみたいという欲求がありました。海外旅行大好き!これまでの旅のことや日々のことを自由に綴っていこうと思います。

初めての海外一人旅♪ ブリュッセル~ドイツへ

ブリュッセルは一泊だけ

観光は夕方の列車の時間まで

 

先ずは小便小僧だよね

 

グランプラスを抜け、セルクラースの像のある通りへ

 

    f:id:soratobuvenus:20210106203420j:plain

セルクラースの像、右の手首辺りがピカピカ

右腕に触ると幸せになれると言われているそうですよ

 

先へ進むと、チョコレートショップに色とりどりのジュリアン君

ちょっとこわい(^▽^;)

  

で、その先には、ワッフル持ってるジュリアン君

 

も少し行くと、本物(レプリカですが…)の小便小僧

    

どんな衣装を着てるのかと楽しみにしていたら、今日は裸んぼう

 

世界三大がっかり” の一つ

確かに、コペンの ”人魚姫” 見たときには、

「えっ、これ?」って感じだったけど、

小さいと先にわかっていたら、がっかりすることはないですね

 

グランプラスと小便小僧を見ることができたので、

後はチョコのお土産を買って、ムール貝とワッフルを食べれば目的達成!

 

とりあえず息子に頼まれたチョコ買いに行こう♪

 

お店にたどり着いたら、ちょっと早すぎた(^^;

開くまで待つのはちょっと時間がもったいないし、

先にガイドブック見て気になっていた楽器博物館へ行きますか

 

ブリュッセルには、「王立美術館」という、立派な美術館があるのだけれど、

前回のイタリア旅行で美術館満喫したし、

楽器に特化した博物館なんて、あまり見る機会ないものね


    f:id:soratobuvenus:20210106222734j:plain

このバグパイプの前に立っていたお姉さん、

「これ、私の国のものなのよ」

って、とても嬉しそうでした。
 

 


いろんな国のいろんな楽器があって、面白かった~

お見せしたい物はもっとたくさんあったのだけれど、

暗かったせいか 写真がどれもピンボケで…(^^;

 

見たこともないような楽器があったり、イヤホンガイドで音も聴けて、

思った以上に楽しめました

 

さてさて、チョコレートショップに行きますか

 

ガイドブックの写真を参考に、息子が選んだのは

「ヴィタメール」のチョコと「マルコリーニ」のマカロン

 

まずは楽器博物館から、ノートルダム・デュ・サブロン教会の脇を抜けヴィタメールへ

 

種類が多くて迷っていたら、「試食してみますか」と声をかけてくれました

気になるチョコを指さし、お願いすると、

なんと、まるまる一個渡されてびっくり!

お高いチョコなのに、2~3個タダでいただいちゃいました♡

 

結局、何種類ものチョコを箱に詰めてもらい、日本円にして約3,000円のお支払い

次はマルコリーニへ向かいます

 

ピエール・マルコリーニがあるのは、グランプラス近くのアーケード

「ギャルリー・サンテュベール」

いい感じでしょう?

    f:id:soratobuvenus:20210208175534j:plain

他にもノイハウスやマリー、レオニダスなども入っています

夫にもチョコを…とほかのショップも覗きながら、いくつか買って、

最後にマルコリーニでマカロン

 

さあ、どれにしようかな…

そこで初めて、「あれ?マカロンってどのくらい日持ちするんだろう?」

で、聞いてみたら、

なんと、「翌日まで」、というではないですか💦

 

危なかった~、もう少しで傷んだマカロンお土産にするところだったわ~

なんで今まで気が付かなかったんでしょうね~(^^;

しょうがない、マカロンは東京で買ってもらおう

 

というわけで、マカロンは、自分とドイツのお土産用に少しだけ買って店を後にしました。

 

一旦ホテルに戻り、荷物を置いて、

次は本物のジュリアン君に会いに、市立博物館 (王の家)へ

 

この博物館は、グランプラスに面した建物の一つ

美しい広場を作り出している建物の一つに入れるなんて、素敵じゃないですか?

 

博物館には、彫刻やブリュッセルの町の模型、タペストリーなんかがあって、

最後にはお目当てのジュリアン君

   f:id:soratobuvenus:20210208212949j:plain  f:id:soratobuvenus:20210208214330j:plain

 

桃太郎の衣装もありましたよ

ぬいぐるみの犬が、なんか笑える(*‘∀‘)

   f:id:soratobuvenus:20210208213916j:plain 

 

建物を出る時に、

「別館に衣装がたくさん展示してあるから、そっちも見てね」

と、教えてくれたのですが、少し喉が渇いたし、飲み物買おう、

とスーパーへ

 

ついでにワッフルも食べちゃおう❣

後でムール貝食べに行くから、ワッフルは食べ歩き

ふわもちで美味しかった~

 

まだ少し時間があるし、さっき教えてもらった王立博物館の別館へ

場所は小便小僧の像の近く

まあ、行ったり来たり、ちゃんと調べてないから、効率悪いったら(^^;

 

狭い室内に、本当にたくさんの衣装が飾られていました

 

 f:id:soratobuvenus:20210211132547j:plain f:id:soratobuvenus:20210211132628j:plain

 

 f:id:soratobuvenus:20210211132611j:plain f:id:soratobuvenus:20210211133852j:plain

 

この甲冑の衣装は、日本から送られたとか

 

こんなに沢山!と思ったけれど、ここにあるのはほんの一部

実際はまだまだたくさんの衣装があるそうです

 

さあ、そろそろ残り時間も少なくなってきたし、ムール貝食べに行こう!

 

どこがいいかわからないし、ネットで「お勧め」とあった

「シェ・レオン」へ行ってみます。

 

またまたグランプラスを横切り、レストランへ

美味しそうなものは沢山あるけれど、一人だし…

 

沢山は食べられないからごめんなさいね…と、

ムール貝と飲み物だけを注文し、バゲットをかじりながら待っていると、

来ました!

鍋にいっぱいのムール貝、それからポテト

    f:id:soratobuvenus:20210211195819j:plain

こんなに食べられるかな~

と思ったけれど、残さずいただきましたよ

さすがにバゲットまでは食べきれませんでしたが(^^;

 

そろそろ電車の時間が近づいてきたので、荷物をピックアップして、駅へ向かいます。

フランクフルト行きのICEでアーヘンまで行くのです

 

中央駅には停まらないので、地下鉄で南駅へ

南駅で少し迷ったものの、何とかホームにたどり着き、ほっと一安心

初めての土地で荷物抱えて人込みを進むのは、思ったより緊張した~

 

乗車時間70分ほどで、アーヘンに到着です。

 

ホームに降りて荷物をガラガラ引きながら歩いていくと、

お父さんとお母さんが、ホームまで迎えに来てくれていました

 

国鉄の駅は、ホームへの立ち入りは自由なんです

なので、改札もなし

ヨーロッパはどこもそんな感じですね

 

手を振りながらこちらに近づいてきて、

よく来たね~、久しぶり~

と、迎えてくれました。

 

お父さん、結構な年なのに、

わざわざ家から30㎞程離れたアーヘンまで迎えに来てくれて、感謝です

 

息子が5歳の時に会って以来だから、20年ぶりの嬉しい再会♡

二人とも全然変わってない

 

家に着くと、可愛らしいカーニバルの飾り

 

夕飯をいただきながら、近況報告

 

ドイツ語、もともとそれほど話せるわけでもない上に、随分使ってないので、心配でしたが、二人とも、どの単語を使えば分かりやすいかを考えながら、とてもゆっくり話してくれて、それでも通じないとSiriに聞いて、何とか会話ができました。

 

今回は文明の利器のお陰で、辞書持ち歩かずにすんで、インターネットさまさまです

 

食後は、途中、「まだあるの⁉」と言われながら、お土産の披露

 

全部出し終わると、カーニバル用にと持って行った法被と道行を羽織り、記念撮影📷

とても喜んでくれました♡

    f:id:soratobuvenus:20210213212331j:plain

 

 娘が帰省したみたいに、いろいろ気遣ってくれて、

お部屋にはお水とコップ、それにチョコレートが置かれていました

f:id:soratobuvenus:20210211213125j:plain

 

こんなに歓迎してもらって、有難くて涙が出そうでした

 

明日はどんな一日になるのかな~

おやすみなさい…